モテカワ美女(22)「爪が小さいからネイルはしないって、ブスの言い訳だと思いましたね」 | ABYSS 〜 アビス 〜

モテカワ美女(22)「爪が小さいからネイルはしないって、ブスの言い訳だと思いましたね」

モテカワ美女(22)「爪が小さいからネイルはしないって、ブスの言い訳だと思いましたね」のアイキャッチ

どうも、人生2周目の処女、佐々木バージニア(@simpson_sasaki)です。

 

某Web企業の社長であるゴウさんを落とすために

佐々木バージニアが「モテカワ」を追求していく、連載「モテカワ美女のつくりかた」。

2018年5月からアビスで連載を開始し、今回で12回目を迎えました。

 

「モテカワ美女のつくりかた」前回までのあらすじ
すべてのことが上手くいってしまう、人生2周目のバージニア。
そこで彼女は、恋愛だけハードモードを選択し、
某Web企業の社長・ゴウさんを落とそうと試みる……!
ゴウさんを落とすために、日々「モテカワ」を追求する彼女が
今回挑むものとは?  そして、そこで気付かされる真実とはいったいーーー!?

 

今まで、数々の役員に

「バージニアのモテカワ追求をサポートする」

という役務を課してきました。

そこで今回、白羽の矢を立てたのは、tetsuこと、手塚さん。

手塚さんも、うすうす気付いているに違いありません。

自分もその役務を果たさなければいけないときが近い将来、来ることをーーー。

手塚さんに会いに行く

さっそく、手塚さんに会いに10階のオフィスへやってきました。

「手塚さん、お疲れさまです。ちょっとお時間いいですか?」

 

 

 

「手塚さんももうお気付きでしょう、私がここにいる理由を。

まあ多くは私の口から語りませんが、「役務を果たす時間」とだけ述べておこうかしら」

 

 

 

 

 

 

「今回は、ネイル店へ行くことにしたわ。

なぜなら、いい女ってね、細部にまで気を遣うものなの」

 

 

 

やっと役務が果たせることに歓喜している手塚さん。

「いい女のためなら、いくらでもお金を出そう」、そう決心したような表情でした。

 

 

 

手塚さんはサポートしたいという気持ちが抑えきれなかったのでしょう、

一目散にオフィスをあとにしました。

こうして私たちは、ネイル店へと向かったのです。

ネイル店へ向かう

この度、訪れたのは御徒町にある「ネイルサロン KIARA」さん。

 

店内に入り、まずはどのようなネイルにするか、決めていきます。

やっぱりゴウさんはベタに弱いから、

ピンク+ラメ+キラキラストーンの3セットがいいかなあって。

自分の好みと相手の好みを掛け合わせると「戦略的カワイイ」の創出につながります。

 

 

「 あ、そういえば手塚さん。施術に時間かかるんで

 

 

 

 

 

 

 

 

先にお支払いだけ済ませて帰ってもらって大丈夫です」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バージニアが可愛くなるところを最後まで見届けたい。

しかし、役員という立場があるがゆえに、仕事に戻らなければいけない。

感情は二律背反。押し付けの理性なんて信じない、それが「アンビバレント」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手塚さんの財布からお金を取り出す、その一連の動作。なんと軽やかなことでしょうか。

日々の生活のために財布があるのではなく、

このときのために財布があったのではないかと錯覚するほど。

 

 

そうして、お支払いを済ませて帰っていく手塚さん。

そのうしろ姿は、役務を果たせた達成感で満ち溢れていました。

役務が果たせて嬉しい役員、

そしてさらなる「モテカワ」をクリエイトできる大学生アルバイトの私、

これほどWin-Winな関係が、いまだかつてあったでしょうか。

ネイルをする

手塚さんが立ち去ったあと、さっそく施術を始めていきます。

生まれて初めてのネイルですが、どのような仕上がりになるのでしょうか。

私の爪は極めて小さいため、もしかするとゴウさんを落とす以上に

施術のほうが難しいかもしれません。

 

 

まずは、やすりで爪の形を整え、

 

 

専用の機器で爪の表面を磨き、

 

 

爪の甘皮を取っていきます。

こうすることで、ネイルができる爪の面積が広くなるそうです。

 

 

その次に、ベースを塗り、ラメ入りピンクのジェルを何層かにわけて塗っていきます。

 

 

その後、親指と中指にピンキッシュゴールドのジェルで斜めに線を入れ、

 

 

薄いピンクとシルバーのストーンをのせます。

最後に、コーティングをし、ジェルを塗ることで完成……!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 控えめな色だけれど、可愛い〜っ!!!

 

今までは「爪が短いからネイルをしても似合わない……」と思っていたのですが、

ネイルをしてわかったことがありました。

似合うか、似合わないかということよりも、

もっと大切なことがあるってーーー。

 

 

それは、「爪が短くともネイルをする」ということ。

まずは、こういった細部にまで気遣うことが「モテカワ」に必要なのです。

つまり、卑屈はブスの始まり。ポジティブはブスの終了ってこと。

 

「爪なんて誰も見ていないだろう」

そういう箇所も、きちんと手入れをしていると、高得点を叩き出すことができます。

 

ゴウさんも、

「あれ? ネイルとかしてたっけ? こんな細部にまで気を遣っているなんて……」

と、ふとした瞬間に感動するに違いありません。

 

 

どんどん可愛くなっていく私に、みんな目が離せない。

 

過去の連載はこちらから。