孤独のはしご飯 出張編  in 静岡 | ABYSS 〜 アビス 〜

孤独のはしご飯 出張編  in 静岡

孤独のはしご飯 出張編  in 静岡のアイキャッチ

静岡、一昨年から両親が住んでいるこの場所。

海に面しているこの地で採れる魚は、新鮮なものが多い。

新鮮なものが多く集まるこの地では、フラっと地域を徘徊し、何店舗かを周り食べ歩きをするのに限る。

今日は、静岡駅でまったり食べ歩きができる場所を紹介したいと思う。

一軒目:さわやか(新静岡セノバ店)

休日は特に混んでいる、静岡では有名なハンバーグ屋さん「さわやか」

できれば開店と同時に入りたいと思い、この日早めに向かう。

が、しかしすでにお店の前にはたくさんの並ぶ人がいた。乗り遅れたかと感じたが、名前を記載して待つことに

開店から待つこと2時間(涙目)。ようやく店内に案内され、椅子に座り注文をする。この店の名物である「げんこつハンバーグ」を注文。

「お待たせしました」その言葉とともに、注文したまん丸のハンバーグがきた。

店員さんにナイフの切れ込みを肉に入れてもらい、切った断面を鉄板プレートで赤みが消えるまでしっかりと焼く。この時に出る肉汁が湯気んへと変わる香りが食欲をより一層かきたてる。

「いただきます」

肉を意図口大の大きさにカットし、口の中に入れる。肉汁が口の中いっぱいに広がり、すぐにご飯をかき込んだ。

「うまい」その一言に尽きる。あっという間に平らげてしまった。

次はちょっと刺激あるものが食べたいなぁ。

 

ジャンル:ハンバーグ、ステーキ

TEL 054-251-1611

住所:静岡県静岡市葵区鷹匠一丁目11号 新静岡セノバ5

営業時間: 11:0023:00(オーダーストップ 22:00

                 年末年始営業は、新静岡セノバビルの営業時間に準じます

      ランチ:月~土 11:0015:00

                  日・祝・特別営業日(年末年始・GW・お盆等)

 

二軒目:静岡 四川飯店

静岡で本格四川料理が食べられるここ「静岡 四川飯店」

麻婆豆腐がかなり癖になる美味しさ。

大きく柔らかい豆腐とたっぷりの挽き肉で食べ応えは十分。

辛さの中に旨味があり、四川料理が好きな僕にはここは居心地がとても良い。

甘めを頼む人も店の中にはいて、辛いのが得意でない人も来られる良さもどうやらあるらしい。

味変を十分楽しんだ上で、次は甘いものを少し食べようかな。

 

ジャンル:四川料理

TEL 054-253-1151

住所:静岡県静岡市葵区紺屋町3-10 中島屋グランドホテル B1

営業時間: [月~金]11:3014:30(L.O.14:00)・17:3021:00(L.O.20:30)
      [土・日・祝]11:3015:00(L.O.14:30)・17:3021:00(L.O.20:30)

      日曜営業

 

三軒目:キル フェ ボン 静岡

タルトが有名なこの店。東京でもかなり有名なのではないか。

本店が、ここ静岡にあることを聞き足を運んで見る。

店舗内は人がごった返しており、お昼を過ぎたこの時間帯でも人の姿が遠目でもかなり見える。ようやく自分が注文する番が回ってきた。いちごが好きな僕にはたまらない一品「イチゴのタルト」を注文することに、甘くとろけるような味わいの中に、タルトのサクサク感が後から追ってくる。

生地がふわふわなショートケーキをよく好んで食べるが、このサクサク感を体験してしまうとやめられなくなりそうである。

 

ジャンル:ケーキ、カフェ

TEL 054-205-5678

住所:静岡県静岡市葵区両替町2-4-15

営業時間: 11:00~20:00

      日曜営業

 

 

 

いや~、食った食った。

気がついたら、もう日没でいい時間になっていた。

夜風が涼しい。夜風に当たり、涼しさを噛みしめながら実家へと帰宅した。