欅坂46の衣装が可愛いMV5選 | ABYSS 〜 アビス 〜

欅坂46の衣装が可愛いMV5選

欅坂46の衣装が可愛いMV5選のアイキャッチ

本日も、独断と偏見による、自分が好きな衣装のMVをひたすらに紹介します。

可愛いから、とりあえず動画を再生して欲しい。

ガラスを割れ!(2018)

★センター:平手友梨奈

6枚目シングル。サイレントマジョリティーに続く反乱曲であり、NTTドコモとのタイアップ曲です。
タイアップが決まったあと、「吠えなくなってしまった犬は 餌もらうために尻尾振って 飼い慣らされたんだろう」という歌詞に対して某白い犬のことなのではないか?と噂が流れたりもしました。

MVではひたすらにメンバーが鋭い眼差しでハードなダンスを踊るのですが、幼い女の子が一生懸命に格好つけたり強がる様子って逆に弱さを感じて苦しくなるのは自分だけでしょうか。(でも目が離せない……。)

衣装はロングMA-1で、リバーシブル仕様。センターのてち(平手友梨奈)だけが赤い面を外側にして着用しています。
ファスナーにはKEYAKIZAKAと書かれており、ロゴはミリタリーブランドAVIREXみがあります。
首から下げているドッグタグには一人ひとり名前と生年月日が刻まれ、衣装さんのこだわりとグループの資金力を感じます。
まだ子どものアイドルが、色々とかなぐり捨てて成人男性のようにパフォーマンスする姿には痛々しいほどのがまっすぐさがありますね。

W-KEYAKIZAKAの詩(2017)

★センター:平手友梨奈

こちらは欅坂46と、けやき坂46(ひらがなけやき)の合同出演曲です。
4枚目シングル、「不協和音」のカップリング。つまりA面ではないんです。

でも、欅坂46のデビュー当初からの思い出が詰まった曲。
振り付けは過去シングルの振りが散りばめられ、遅れて加入したメンバー(長濱ねる)が徐々に打ち解け合い成長していく様子や、てちが急激に有名になる自分たちに戸惑う様子も描かれています。

なんとも内輪向けな感動曲であり、さらに制服も可愛い!
なんて言うんでしょう……。この、良い学校の制服感。お育ちが良さそう。
ぎこちないダンスと短い丈の靴下の少女性。最高ですね。

二人セゾン(2016)

★センター:平手友梨奈

3枚目シングル、季節の移り変わりをバレエ調のダンスとともに歌った曲です。
こちらは1:40~の赤い制服が可愛いんです。今まで緑や青など寒色衣装が多かったので、明るい色を着て笑顔で踊る様子を見るとほっとします。
寒い時期で厚手の生地ため、スカートがふわっと広がる様子は春夏には負けますが、重たいスカートのひだが彼女たちの華奢さや軽さとのギャップを生んでいて良い。
特にこの曲はバレエ経験者のあおたん(原田葵)の軽やかな踊りが美しく、華奢な身体と厚手の制服のアンバランスさを目で追ってしまいます。

サイレントマジョリティー(2016)

★センター:平手友梨奈

みなさんご存知、欅坂46のデビューシングルです。
子どもみたいな女の子たちが、「君は君らしく生きて行く自由があるんだ 大人たちに支配されるな」 と強い眼差しで懸命に歌い踊る様子に、初見は可愛いと言うよりも苦しいと感じました。

しかしよく見ると、やはり制服がとても綺麗なんです。襟周りは少々大きいように感じますが、腰の位置は高めでそれぞれに合わせてウエストもちょうど良い。
スカートの丈も綺麗にそろっていて、デビューから大事にされているなあ……と感じますね。

手を繋いで帰ろうか(2016)

★センター:平手友梨奈

デビューシングル「サイレントマジョリティー」のカップリング曲です。
このMVは冒頭で”犯人ハ誰ダ?”という文字が映し出されます。結局犯人は……(映像を観てもらいたいのでここでは話しません)

衣装は至高のセーラー服です。華奢な身体には少し大きめで極めて薄い生地、かつ薄い色……。
幼さの残る彼女たちだからこそ、重たい生地とはまた違って儚さを感じるセーラー服が似合います。

日が差して薄手のセーラー服が透けるのもなんとも良い。ぼんやりとした影から身体のラインが見えそうで、風が強く吹けば影が消え生地が身体に張り付く。学校という聖域にいる少女は綺麗だなと、単純に思わせてくれます。

さてそろそろ

想いがつのってあらぬ方向へ進んでいる気がするのでこのあたりで。

欅坂46のYouTube公式チャンネルはこちら

みなさんどうぞ推しを見つけてください。