ここ数年、90年代リバイバルあるよね。なのであまりメインで語られることはない、がしかし!おすすめなJ-POPを選んでみたよ。 | ABYSS 〜 アビス 〜

ここ数年、90年代リバイバルあるよね。なのであまりメインで語られることはない、がしかし!おすすめなJ-POPを選んでみたよ。

ここ数年、90年代リバイバルあるよね。なのであまりメインで語られることはない、がしかし!おすすめなJ-POPを選んでみたよ。のアイキャッチ

ここ数年、90年代リバイバルの流れがありますよね。音楽も然り。なので、当時どんな音楽が流行っていたのか、実際にその時代を過ごしてきたので、あまり語られることもない、がしかし! おすすめなJーPOPを紹介してみようと思います。

『気がつけば』

MASAKIが歌う名曲。ウッチャンナンチャンの南原さんがMCを務めたプロレス番組「リングの魂」のテーマ曲に採用されている名曲です。名曲すぎてYouTubeでは見つかりませんでした。ぜひGoogle先生に聞いてみて欲しい名曲です。

 

『GOLD』

STAYの方じゃありません。橘いづみの名曲『GOLD』です。なんだかとっても色々濃ゆい昭和的ポジティブが溢れる名曲です。『GOLD』と言う楽曲を歌う際にGOLDの衣装で出てくる直球加減が大好きでした。疲れたけど立ち上がりたいときにおすすめです。

 

『あの頃僕らは』

あの松井常松の名曲です。もうタイトルからして懐古主義的な思い出万歳の歌詞が最高の今だからこそ聞きたい名曲です。えっ!? 松井常松を知らない? 氷室京介や布袋寅泰と「BOφWY」と言うバンドを組んでいたベーシストです。今でもモノマネされるくらい、華のある氷室京介&踊りながらギターをひく布袋寅泰の脇で微動だにせず鋭い目つきでひたすらダウンピッキングでベースを鳴らす硬派な姿勢は数多くのフォロワーを生み出しました。ベーシストの中でもTOPクラスの漢気を感じさせる佇まいは漢を目指す我々の教科書です。

 

『本日快晴』

松田樹利亜について詳しくは知りませんが名曲です。サビのほんじつかいせい〜! と言うところがめちゃめちゃ気持ちいいんです。

 

『満月』

冒頭の歌の入りが最高な松阪晶子の名曲です。ドラマ主題歌で結構売れたと思うんですが当時ミリオンが何発も出てしまうような状況だったので今ではあまり語られることはないのですが名曲です。(個人的感想)

 

『月の流す涙』

独特のアルペジオとどことなくオリエンタルな空気感を漂わせるイントロが印象的なガラパゴスの名曲。島じゃないです。バンドです。タムを活用した原始的なイメージのリズムパートも最高。デビューからわずか4年で解散してしまったけどもっと色々な曲が聞いてみたかったな〜。

 

『20TH CENTURY FLIGHT』

歌い出しから最高。透明感のあるコーラスも最高。歌っているのは車谷浩司と石田小吉によるユニットの「Spiral Life」。曲も正統派ポップスからグランジテイストの楽曲まで様々あるんですが、
「フリッパーズギター」のように神格化はされなかったものの、サンプリング手腕やポップスへの落とし込み方はめっちゃセンスのいいなと。(個人的な感想です。)

 

『背徳の瞳〜Eyes of Venus〜』

小室哲哉とX JAPANのYOSHIKIとのユニット。小室哲哉の独特な声がクセになること間違いないし! ビジュアルもヤバし。この舞台裏の作業を引き受けた小室哲哉がプロデュース業の面白さに目覚め、後の小室ブームに繋がったとする説もあるとかないとか……。信じるか信じないかは……。

 

『LOOKING FOR THE TRUTH』

2人組のユニットと言うこと以外どう言う人たちだったか思い出せませんが、イントロの「LOOKING FOR THE TRUTH〜♩」という掴みが最高。てっきり女性2名のユニットだと思っていたのですが、wikiの記述によるとデビュー当時は2人組のユニット2つで構成された4人組のグループだったらしいです……。今となっては本当かどうかを知るすべありませんが(当時もですが)、改めて調べると面白いですね。

 

『もっとうまく好きと言えたなら』

これもサビ最高。『機動戦士Ζガンダム』や『機動戦士ガンダムF91』『鎧伝サムライトルーパー』などアニソンシンガーとしても名高い森口博子の名曲。『夢がMORI MORI』のエンディングテーマで当時影響を受けたキッズたちがキックベースをめっちゃやってました。もちろん僕もやりました。

 

まとめ

90年代振り返りやカルチャー史としてはメインであまり語られることのない、わりと有名な曲を選んだのですがいかがでしたでしょうか。聞いてみるか聞いてみないかはあなた次第です。