オフショア開発時に気を付けること① | ABYSS 〜 アビス 〜

オフショア開発時に気を付けること①

オフショアディレクター歴がもうそろそろで1年になる、LIGのみらんです
今回は海外のエンジニアとやりとりをする際に気をつけている事その1を書いてみます。

ストーリーを伝える

「仕様」を伝えるさい、通常だと「仕様の詳細(期待結果)」を伝えると思います。「どういう機能か」「どういう挙動か」等ですね。

それでも問題はないと思いますが、未然に仕様の乖離を防ぐため、上位のみで共有しがちな

なぜこう言う機能を導入したいかの背景ストーリーもエンジニアに共有するようにしています。

そうする事で、仕様の理解度を高めることができ、実装後に「期待してたものと違った…!」という仕様との乖離を絶対的に潰せます。

同時に、ストーリーを伝える事で、エンジニア自身の帰属意識も高められ、仕様に対しての疑問に対し積極的に意見も出してくれたりして、よりよい成果物を作ることができます。