プロジェクトランウェイの魅力 | ABYSS 〜 アビス 〜

プロジェクトランウェイの魅力

プロジェクトランウェイの魅力のアイキャッチ

以前Huluのおすすめ記事も書きましたが、
海外のリアリティショーが大好きなんですけど、
初めて見た番組はプロジェクトランウェイです。
中学生の頃でした。

この番組は、まだ無名のファッションデザイナー達が
世界中からオーディションを勝ち抜いて番組に出演する権利を獲得します。
そして、毎回与えられる変わった課題で、限られた時間内で衣装を作り、
モデルをスタイリングしてランウェイに送り出します。
その衣装・コンセプト・スタイリングで、勝者と敗者が決め、
毎回の課題で1人ずつ脱落者が出て、どんどん人数が減っていきます。
敗者には辛口な審査員たちからの
歯に衣着せぬ酷評を対面でぶつけられます。
最後3人まで残ると、自分のコレクションを作成し、
大きな舞台で実際のお客さんを招待してファッションショーをします。
そのショーでシーズンの優勝者が決定します。
優勝者には、賞金10万USドルのほか、アメリカ版Marie claire誌での
特集や有名ブランドからの指導など、
「自己ブランドを立ち上げるために必要なもの」が与えられます。
という内容の番組です。

Project Runwayさん(@projectrunway)がシェアした投稿


見所は、もちろん個性的なデザイナーたちの作る衣装なのですが、
それに対する審査員の辛口の意見です。
「まるでジャガイモの麻袋だ」とか「みすぼらしいカーテンだな」とか
とにかくひどいんです。
でも素晴らしい衣装に対しては細かい部分まで褒めてくれます。
課題も面白くて、おもちゃ屋さんにあるものを使って衣装を作るとか、
一般の女性のウェディングドレスをリメイクしてドレスを作るとか、
男性ストリップ・ショーの実際に使う衣装を考えるとか
本当に毎回毎シーズンいろんなお題があって楽しいです。
それで2日とかで衣装を仕上げられるのが、本当にすごいなと思います。
審査員のハイジのレッドカーペットようにドレスを作ることもあります。
無名のデザイナーからしたら、雑誌に乗ったりメディアに取り上げられる
またとないチャンスなので、より一層気合いが入るようです。

All 16 designers are back to dish on this season, TONIGHT on the reunion special!

Project Runwayさん(@projectrunway)がシェアした投稿 –


デザイナー同士の人間関係もまたおもしろくて、
チーム戦があったり、部屋での会話や作業中の会話がおもしろいです。

Project Runwayさん(@projectrunway)がシェアした投稿


だんだん見て行くうちに何となく審査委員の好みがわかってきて、
このデザイナーが好きそうだなとか、こういうこと言いそうだなとか
予想して見て行くのも楽しいです。
その気持ちで実際のハイブランドのファッションショーとかを見ると、
プロのこだわりとか流行がわかってきておもしろいです。

Project Runwayさん(@projectrunway)がシェアした投稿


たまに審査員でゲストがきて、
流行りの女優さんとかハイブランドのデザイナーが来たりして
バイオハザードシリーズでおなじみのミラが登場した時は
興奮しました。上記の写真はジェシカアルバですね!可愛い!

ちなみに教育係のティムガンはデザイナーの味方で、
アドバイスをくれたり精神的に助けてくれます。
いつも生地を買いにいくお店はmoodという場所で
あるシーズンから犬が登場しました。めっちゃ癒し!

Project Runwayさん(@projectrunway)がシェアした投稿

現在では15シーズンまで見られるようです。
末長く続いて欲しいです!
WOWOWで詳細見る>